悪徳リフォーム業者に気をつけよう

リフォーム業者の中には悪徳リフォーム業者も多くいます。

そういった悪徳リフォーム業者にリフォームを依頼してしまうと大きな損害を出してしまうことがあります。

場合によっては数千万円の損害が出ることがあるのです。

そこまでの被害がなくても、リフォーム工事の技術や知識を持っていないことが多いのでリフォーム工事をすることによって、住宅自体に被害がでてしまうことがあります。

こういった悪徳リフォーム業者が横行する原因としてリフォーム業を行うために免許が必要ないということがあります。

悪徳リフォーム業者に引っかからないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。

よくあるのが住宅を訪ねて来るタイプです。

住宅を訪ねてきて、「屋根が壊れています。台風が来たときに困りますよ。」などといって不安を煽ることによって契約させようといった手法だったり、無料で点検してあげますよといってそのあと壊したりして、法外な費用を請求するといったこともあります。

住宅を訪ねてくるタイプのリフォーム業者はできるだけ信じないようにすることが大切です。

また、騙されてしまったときはすぐに契約解除の手続きを行ってください。

クーリングオフの制度を知っている人は多いでしょう。

住宅を訪ねてくるタイプはクーリングオフをすることができます。

なにか怪しいとか少しでも感じることがあるのなら、身近な人でもいいので相談をするようにしてください。

リフォーム業者は悪質業者ばかりではありません。

適正なリフォームをすることによって、住みやすい住宅に生まれ変わるのです。

This entry was posted on 水曜日, 9月 28th, 2011 at 6:42 PM and is filed under リフォーム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.