住宅のリノベーション

住宅をリフォームするよりも、リノベーションをすることでより快適に過ごすことのできる住宅ができます。

リフォームの場合は住まいの住宅設備を入れ替えたり、部分的な改修をすることですが

リノベーションとはリフォームより大きな工事で、大規模な改修のことをいいます。

中古住宅を購入した人の中には自分がより快適に生活をすることができるようにリノベーションをする人もいます。

リノベーションをすることで自分に合わせた住宅に造り替えることができます。

趣味の部屋であったり、オシャレな部屋であったりそういった生活を楽しむための住宅にすることができるのです。

自分だけの住まいが欲しいのならばリノベーションをしてみるのもいいのではないでしょうか。

健康住宅が大分に欲しかった友人は、中古住宅をリノベーションすることで健康住宅に造り変えました。

健康住宅といっても床を無垢材にしたことと断熱材を炭化コルクに変更したのと、壁に漆喰を塗ったのが主な変更点らしいです。

炭化コルクというのは、コルクを焼いて炭にしたもので空気をきれいにする効果があるので体にいいといわれています。

漆喰も体にいいといわれていて、同じように空気をきれいにする効果があります。

他にも、湿度を調整する効果があります。

湿度が高いとカビができやすいですし、低ければウィルスが空気中に多くなります。

ですので、湿度を適切にすることは健康に良いということになります。

自分がどういった住宅に住みたいのかをしっかりと考えることがリノベーションを成功させるために必要です。

色々と考えて理想通りの生活ができるようにしましょう。

This entry was posted on 木曜日, 1月 26th, 2012 at 4:09 PM and is filed under リフォーム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.