ノープランでの中古マンション購入~リフォーム

とにかく賃貸からの脱却を図りたいと念願し、リフォーム前提で住宅購入を考えていた、佐賀県在住のIさんのお話です。

購入する物件自体は、それまでアパート暮らしが長かったということもあり、一戸建て住宅か分譲マンションかは問わなかったそうです。とにかく賃貸アパートよりも広く、そしてリフォームも同時に行う予定なので、できるだけ安い価格で物件を探していらっしゃいました。

お子さんが二人いらっしゃることもあり、できれば広い物件をと考えていたときに、理想の立地条件のマンションに偶然出会い、即決で住みかえを行いました。

どんな間取りやデザインにリフォームをしたいかという希望は特にはなかったそうですが、購入した中古マンションは個性的な間取りで、全体的にL字型をしていたそうです。

このL字型の間取りを不自由なく動線の邪魔もしない、動きやすい住宅へ生まれ変わらせようと、物件に出会ったその時に夫婦そろって決意した程の環境の良さでした。

漠然とした動線へのこだわりを、実際にかたちにしていくのはずいぶんと時間がかかったそうです。加えて、あまりに気にいってしまったために初めに住みかえをしてしまい、引っ越しが終わって住まい始めてからのリフォームスタートだったため、プランを練っては工事に入るという作業を繰り返していました。

具体的なプランを見出すまでの時間は思いのほか長くかかりましたが、その間賃貸で生活をしていた時の不満点を細かなところまで掃き出した御蔭で、目指すリフォームのかたちが「家事が効率よくこなせるような動線作り」で有ることが判明しました。

この奥さんの希望がどのようなものかがわかってからは、あらゆるリフォームのかたちが現実的になっていきました。独特なL字の間取りも、個室と共有リビングのいい区切りとなるように配置されて素敵なマンションライフのスタートを切れたようです。

This entry was posted on 火曜日, 3月 26th, 2013 at 4:14 PM and is filed under リフォーム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.