外壁

住宅の外観は非常に大事です。
外観を決める際には庭との繋がりや玄関アプローチとの繋がりを考えながら決める必要があります。
全てに統一感をもたらすことでまとまりのある、オシャレでついつい足を踏み入れたくなる住宅になるのです。
住宅のデザインの左右する外壁はデザイン性だけでなく、耐久性に優れていなければなりません。
外壁は建物を守る役割があります。住まいを支える大事な部分です。

最近多くの住宅の外観で使用されているのはサイディングと言われる外壁材です。
ボード状のこの外壁材は色や柄など豊富に取り揃えられているので自分好みのデザインや色合いを見つけだすことができるでしょう。
また施工も簡単ということで現在取り入れる人が多いのです。
耐久性に優れていると言えばタイルです。塗り替えなどの必要もなく、汚れもつきにくいためメンテナスフリーで済むので魅力的ですが、重量があるため、それに対応できる下地や構造材を使用する必要が出てくるのです。
比較的高価なので部分的にタイルを使用するという人も少なくありません。

職人の味わい深さを感じられる家にするには塗り壁もいいと思います。
独特な雰囲気を演出してくれることでしょう。
しかし時間がかかる上に汚れが目立ちメンテナンスが必要になってくるので全てを塗り壁にするのは勇気がいるかもしれません。
外壁は住宅全てを覆います。
それだけに住宅の金額にも大きな影響が出てきます。
また見た目にも大変重要な部分なので使用する素材と価格は非常に大切です。
じっくり考えて納得したものを取り入れたいものです。

This entry was posted on 木曜日, 1月 29th, 2015 at 9:45 AM and is filed under リフォーム, 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.