癒しの空間

住宅の中で心身共に癒される空間と言えば浴室です。実家の浴室をつい最近リフォームしました。今までは実家に帰りお風呂に入るとなると、面倒くさいという思いが一番に出てきていたのですが、リフォーム後はあぁ~ゆっくり足を伸ばして寛げるという思いに変わりました。

以前は壁はタイル張りで床は石のようなタイルのような床でとにかくヒヤっとしたお風呂でした。浴槽も狭くて深い形状でしたが、今はゆったりと足を伸ばせ、浴槽内で座れるような形状になっているので半身浴をして寛ぐこともできるのです。子どもと一緒に入浴しても圧迫感なくゆったりと入れるのも魅力の一つです。

そして何よりヒヤっとした印象を払拭できているのがこれからの寒い時期には最高です。浴室に一歩足を踏み入れる時のドキドキ感はなく安心して浴室に入れます。また浴槽をはじめ浴室全体に保温性効果があるので光熱費も以前に比べて大幅に安くなったと母が言っていました。

そして小さいこどもや高齢者にいいなと思ったのが、脱衣所と浴室に段差がなくバリアフリーな造りにすると転倒防止に繋がるより一層安全性を得られるのです。このような環境にするだけでも十分心身共にリラックスできる浴室となるのですが、さらに癒しを追求したい人はミストサウナ付浴室暖房乾燥機を設置するといいかもしれません。保湿効果が得られ女性なら誰でも気になる商品と言えます。浴室は一日の疲れと汚れを落としてくれる最高の場所にしたいものです。

This entry was posted on 月曜日, 9月 12th, 2016 at 2:29 PM and is filed under 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.