家事動線は横一直線が最適!?

主婦にとって家事は365日休みがないものであるだけに、家事が効率よく行える環境を整えておきたいものです。主婦の多くは一日の大半をキッチンで過ごすという人も多いです。そのキッチンからの動線に注目してみましょう。

まず、食事の支度や片付けは一日2度や3度行われます。この際にはキッチンとダイニングの動線がポイントとなってきます。これらの動線が短いことで、食事の配膳や食後のお皿下げを効率よく行うことができます。また、キッチンという空間がより身近に感じられるようにもなります。我が家はキッチンとダイニングを真横に配置したことで子ども達や旦那さんがキッチンへ足を運ぶ機会が増え、積極的にお手伝いしてくれるようになりました。

今まではキッチンの前にダイニングを配置していたのですが、それと比べると格段に家族がキッチンへ来る機会が増し、キッチンを通してのコミュニケーションも弾んでいます。キッチンで家事を行いながら洗面室で洗濯をしたり、入浴の事前準備をしたりとこの二つの空間で同時に二種類の家事を行う機会も多いです。

そこでキッチンと洗面室の動線も短くしておくといいのです。動線が短いことで同時に二種類の家事を円滑に進めやすくなりますし、家事の時短を実現しやすくなるのです。洗面室に洗濯機を設置する家庭も多いです。この洗面室から洗濯物干場の動線にも注目しましょう。洗濯物を洗う→干すという家事を一番効率よく行うには、洗濯機のある洗面室に勝手口を設けその先に洗濯物干場を設けることです。これなら重たい洗濯物を抱える手間もないですし、動線が短く無駄な動きもありません。

洗濯物干場と洗面室、キッチン、ダイニングを横一直線で繋ぎ家事動線をコンパクトにして家事を効率よく行える住まいは女性にとって魅力的な住まいとなるのではないでしょうか。

This entry was posted on 火曜日, 5月 23rd, 2017 at 2:46 PM and is filed under 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.