お気に入りニッチ

壁の厚みを利用し、壁を凹ませ飾り棚として利用したり、収納スペースとして利用するニッチが最近非常に人気となっています。我が家にも有効に利用できる壁を無駄にせず、積極的に取り入れました。飾り棚としてのニッチを設ける際には、目を引き位置に設けたり、玄関ホールや階段などの通路部分の殺風景になりやすい位置に設けました。そうすることで空間のアクセントとなり、華やかさやオシャレ度を高めることができるのです。

また、収納不足を解消させるために収納スペースとしてのニッチも設けました。スペースに影響を与えることなく、収納スペースを確保できるためトイレなどスペースに余裕がない場所に取り入れ、狭さや圧迫感を与えることなく、トイレ内で必要な物をきちんと収納できるようにしたのです。収納スペースとしてのニッチを設ける場合は、物の出し入れがしやすい位置であることに注目しました。

そして、LDKの中心的部分の壁を利用してリモコンニッチを設けました。リビングには、照明スイッチをはじめ給湯スイッチやインターホンモニターや太陽光モニターなど壁に取り付けるものが多いです。壁にそのまま取り付けると一気に生活感が出ますし、ごちゃごちゃした印象になってしまいます。これらをニッチ内に収めたことで生活感を払拭できています。

そしてコンセントもこのニッチ内に設けたのです。このコンセントはスマホやタブレットを充電するために設けました。壁の厚みをこのように様々な用途で使用できるため無駄にせず、積極的にニッチを取り入れてみてはいかがでしょうか。

This entry was posted on 水曜日, 12月 20th, 2017 at 8:58 AM and is filed under 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.